サービス案内

ホーム > サービス案内 > 瓦リサイクル

瓦リサイクル品について

瓦リサイクル

 水たまりは歩いていて足や服が濡れたりして嫌なものです。また水ハネは建物の周囲を汚したりし、景観を損ねます。当社の販売する製品ではこれらの状況を解決させ、さらには全体の景観性を向上させることが出来ます。

recycle 瓦の骨材(瓦を細かく砕いた物。)を使って水たまり・水ハネを抑えます。また、瓦は粘土を焼き固めた硬質セラミックになりますので養分がなく、瓦を細かく砕いて敷き詰めることで雑草等の成長を抑えることが出来ます。これらにより景観性向上・防草効果が期待できます。(逆に養分がある土や堆肥等と混ぜることにより、植物の成長を促すことが証明されています。また、防草シートの併用により、更に防草効果を高めることができます。防草シートは弊社では強靭かつ通気性・透水性をもった特殊不織布を使用しています。 これらの施工により、今まで雑草や水たまり、水ハネなどで困っていた場所が見違えるように明るく、綺麗・快適になります。その他瓦を細かく砕いた物の施工写真がありますので、是非ご覧ください。尚、飛散してくる種などから雑草が生えたとしても、簡単にスポっと抜くことが出来ます。

 土で出来ている瓦は、主に釉薬瓦といぶし瓦に分けられます。釉薬瓦は表面が釉薬で覆われており、中身は土色(赤色っぽいもの)です。いぶし瓦は釉薬が使用されず、中まで黒く燻されているものになります。その他にはセメント瓦と呼ばれる、セメントで出来ている瓦もあります。これらは瓦の産地により大別されます。例えば釉薬瓦であれば、愛知県三河エリアの三州瓦、島根エリアの石州瓦が有名です。また、兵庫県淡路エリアや奈良、四国エリアではいぶし瓦の有名な産地となります。

recycle 園芸用の土壌に3~5割混ぜてお使いいただきます。
瓦は1100度以上の高温で焼成して製造するため、それを原料とするセラミックソイルには雑菌の混入がありません。
室内での園芸や、観葉植物にも安心してご使用いただけます。そして、瓦のもつ保水性、透水性により、植物の根腐れを防ぐことができます。

瓦リサイクル施工例

※写真をクリックすると大きく表示します。

施工前 雑草が生えて泥はねもして、外壁を汚してしまいます。
施工前 雑草が生えて泥はねもして、外壁を汚してしまいます。
施工中 瓦チップを撒く前に除草シートを敷いておくとより効果的です。
施工中 瓦チップを撒く前に除草シートを敷いておくとより効果的です。
施工後 歩くとジャリジャリと音がする為防犯に良い商品です。
施工後 歩くとジャリジャリと音がする為防犯に良い商品です。
瓦チップと瓦本体を利用して作成した庭の実例。
瓦チップと瓦本体を利用して作成した庭の実例。
瓦チップと瓦本体を利用して作成した庭の実例。
施工前 玄関まえのアプローチ。敷き砂利がこぼれて散乱してしまっておりました。(神奈川県都筑区 T邸)
施工前 玄関まえのアプローチ。敷き砂利がこぼれて散乱してしまっておりました。(神奈川県都筑区 T邸)
施工後1 瓦チップと樹脂をまぜた樹脂舗装。砂利が飛び散らず、見た目も光沢があって、高級感がでます。(神奈川県都筑区 T邸)
施工後 瓦チップと樹脂をまぜた樹脂舗装。砂利が飛び散らず、見た目も光沢があって、高級感がでます。(神奈川県都筑区 T邸)
施工後2 瓦チップと樹脂をまぜた樹脂舗装。砂利が飛び散らず、見た目も光沢があって、高級感がでます。(神奈川県都筑区 T邸)

特徴

  • 抜群の透水性
  • 照り返しが少ない
  • 軽量(下層路体の重量負担を軽減)
  • 歩行感がよく、滑らない
  • 瓦のもつ自然色の風合い

活用例

歩道、遊歩道、公園の園路、駐車場、車庫、洗車スペース、屋上庭園、 軟弱地盤の舗装材、滑らないバリアフリー舗装材(スロープ・歩道)