サービス案内

ホーム > サービス案内 > 防水工事

防水工事

FRP防水工事 手順

FRP防水工事手順1

防火版の上端にラワンの面木をステンレス釘で打ち、はみ出した面木はカッターで切り揃えます。
この時外部ベニヤの面もカッターや鉋で角をとります。

防火版の上端にラワンの面木をステンレス釘で打ち、はみ出した面木はカッターで切り揃えます。この時外部ベニヤの面もカッターや鉋で角をとります。
FRP防水工事手順2

横引きドレン取付位置にドリルで穴をあけます。オーバーフローの穴もドリルで空けます。

横引きドレン取付位置にドリルで穴をあけます。オーバーフローの穴もドリルで空けます。
FRP防水工事手順3

ホルソーなどを使い、竪抜きドレンも同様にして穴を空けます。

ホルソーなどを使い、竪抜きドレンも同様にして穴を空けます。
FRP防水工事手順4

FRP製の横引きドレンを取付け、ステンレス釘で固定します。
床、立ち上がり等全体にプライマーを塗布します。

FRP製の横引きドレンを取付け、ステンレス釘で固定します。床、立ち上がり等全体にプライマーを塗布します。
FRP防水工事手順5

外壁部に空いた隙間はシーリングを充填し、更に防水紙をドレン廻りにはった上再度、シーリングで建物内への雨の進入を防ぎます。

外壁部に空いた隙間はシーリングを充填し、更に防水紙をドレン廻りにはった上再度、シーリングで建物内への雨の進入を防ぎます。
FRP防水工事手順6

ポリエステルパテを床面、防火版目地、ベニヤ立ち上がり部 等にヘラで埋めていきます。

ポリエステルパテを床面、防火版目地、ベニヤ立ち上がり部 等にヘラで埋めていきます。
FRP防水工事手順7

笠木端部や開口部などは漏水が多い場所なので立ち上がりも含め、施工はきちんと行います。

笠木端部や開口部などは漏水が多い場所なので立ち上がりも含め、施工はきちんと行います。
FRP防水工事手順8

空気を抜く脱泡作業をします。

空気を抜く脱泡作業をします。
FRP防水工事手順9

ローラーで樹脂を塗りながらガラスマットを貼り付けていきます。

ローラーで樹脂を塗りながらガラスマットを貼り付けていきます。
FRP防水工事手順10

2P時の施工も同様に行います。

2P時の施工も同様に行います。
FRP防水工事手順11

樹脂入りのトップコートを塗布し、乾いたら養生をして完了です。

樹脂入りのトップコートを塗布し、乾いたら養生をして完了です。

ウレタン複合防水工事 手順

ウレタン複合防水工事手順1

プラ目地を処理いたします。

プラ目地を処理いたします。
ウレタン複合防水工事手順2

全体をサンダーをかけて下地処理します。

全体をサンダーをかけて下地処理します。
ウレタン複合防水工事手順3

既存ドレンを撤去して、破損部分はモルタルで補修した後に改修ドレンを取り付けします。

既存ドレンを撤去して、破損部分はモルタルで補修した後に改修ドレンを取り付けします。
ウレタン複合防水工事手順4

絶縁シート貼り後、ウレタン2回塗り、脱気筒を取り付けます。

絶縁シート貼り後、ウレタン2回塗り、脱気筒を取り付けます。
ウレタン複合防水工事手順5

トップコートを塗布し完了です。

トップコートを塗布し完了です。